サイパト


サイパト

目 次  *注:当サイバーパトロールが受けた相談ばかりではありません

  1. 共通の対応・心構え
  2. 詐欺・架空請求
  3. 迷惑メール
  4. 誹謗中傷
  5. ウイルス被害
  6. 不正アクセス
  7. 携帯電話・スマートフォン
  8. インターネットショッピング・オークション
  9. オンラインゲーム
  10. その他
        
            免責事項
             ・当サイト内掲載の情報については、適切な情報の記述を期しておりますが、事例の対応方法は
              一例を示すものであり、具体的に必要な対応は個々により異なります。また、利用者が本ペー
              ジの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。
             ・当サイトに掲載されている情報は、予告なく変更・削除されることがあります。


 6.不正アクセス

   コンピュータへ正規のアクセス権を持たない人が、ソフトウェアの欠陥(セキュリティホール
   )を悪用してアクセス権を取得し、不正にコンピュータを利用すること。
   不正アクセスには、ファイルの盗み見や削除・改変や他のコンピュータを攻撃する踏み台、パ
   スワード窃取、メールサーバを悪用した迷惑メールの配信などがある。

    Q1:インターネットのショッピングサイトから覚えのない買い物の請求が届いた。

     →A:ウイルスの感染などによりID、パスワードが流出して、不正アクセスにより
        ID、パスワードを勝手に利用された可能性があります。

     →A:ショッピングサイトの運営者に状況を確認の上、パスワードの変更を行い消
        費生活センターに相談してください。


    Q2:何者かにオンラインゲーム用のユーザIDとパスワードを無断で使用され、ゲ
       ーム内のアイテムや通貨が全てなくなっていた。


     →A:インターネットカフェなどの不特定多数の利用者が使用するパソコンは、ウ
        イルスなどが仕掛けられている場合があり、ID、パスワードが流出した可能
        性もあります。
     →A:サービス提供サイトの管理者に状況を確認の上、パスワードを推測しにくい
        ものに変更します。


    Q3:何者かにオークション用のユーザIDとパスワードを無断で使用され、オー
       クションに出品し、詐欺行為をされた。そのため、被害者と思われる人達か
       らの抗議メールが自分宛にきた。


     →A:メールを盗み見されたり、覚えのないサービス利用をされたりした場合は、
        不正アクセスの可能性があります。英字、数字、記号を含んだ複雑なパスワ
        ードに変更し、パスワードを他人に教えたり、メモした紙などは人目につか
        ないように机の中などに保管してください。

     →A:インターネットオークションサイトの運営者に状況を確認の上、最寄りの警
        察に相談してください。


    Q4:何者かにオンラインバンキング用のユーザIDとパスワードを無断で使用され
       、自分の銀行口座から他の口座にお金が振り込まれてしまった。


     →A:自宅などで、紙に書いていたID、パスワードを他人に見られた可能性もあり
        ます。たとえ家族であってもIDやパスワードを教えないでください。また、
        メモした紙などは人目につかないように机の中などに保管してください。

     →A:英字、数字、記号を含んだ複雑なパスワードに変更し、オンラインバンキン
        グの管理者に状況を確認の上、最寄りの警察署に相談してください。



      ※パスワードには細心の注意が必要です※
      (1)次のようなパスワードは、推測され易いパスワードなので、使用しない。
         ①ユーザIDと同じパスワード、または類似のパスワード。
         ②自分の名前、家族の名前、生年月日、社員番号、電話番号、車のナンバー
          等と同じパスワード、または類似のパスワード。
         ③「0000」「9999」「aaaa」、「1234」「abcd」等、同じ英数字や連続した
          英数字が並ぶパスワード。
         ④「manager」「password」「admin」「tomato」等、一般的に良く使われそ
          うな単語を使用したパスワード。
         ⑤短いパスワード ※パスワードは最低6文字以上、できれば8文字以上。
      (2)パスワードを他人に教えない。
         ①親しい人や家族にも、パスワードは言わない。
         ②パスワードを声に出して読み上げない。
         ③パスワードを書いたメモは、他人の目に触れないよう机等に入れておく。
          (パスワードを書いたメモをパソコンに貼るのは厳禁)。
         ④パソコンの設定等を他人に依頼した場合でも、パスワードの入力は必ず自
          分で行い、入力したパスワードを他人に見られないよう注意する。
      (3)ID、パスワードを盗まれた可能性がある場合。
         ①パスワードを盗まれた可能性がある場合は、早急にパスワードを変更しま
          す。また、盗まれた可能性があるID、パスワードを他にも使用している場
          合は、それらも全て変更します。
         ②被害については、自分の住んでいる地域の警察署等に相談にします。

      ※不正アクセス対策※
       インターネットバンキングなどの不正アクセスは、他のウイルス被害とは違い金
       銭的なダメージが大きいため、次の5つのポイントをチェックすることで被害に
       遭わないようにしてください。
        ①ブラウザやアプリケーションソフトを最新のものに更新する
          OS(基本ソフト)、ブラウザ、FlashやPDF文書を表示するアプリケーシ
          ョンソフトは常に最新版にすること。
        ②ウイルス対策ソフトを導入する
          ウイルス対策ソフトを導入し、最新のパターンファイルに更新すること。
          ウイルス対策ソフトの契約更新を忘れないようにしてください。無料のウ
          イルス対策ソフトは機能が低いものが多いので、できるだけ毎年更新の総
          合セキュリティーソフトを導入してください。
        ③メールの添付ファイルに注意する
          添付ファイル付きのメールは、たとえ親しい友人からのものであっても警
          戒する。安易に開かずに、ウイルスかもしれないので必ずウイルスチェッ
             クをしてから開いてください。
        ④IDとパスワードの管理は慎重にする。可能ならワンタイムパスワードにす
         る。
          インターネットバンキングやクレジットカード、ショッピングサイトなど
          のパスワード・暗証番号は、一つずつ別のものにしてください。覚えられ
          ない場合は、紙にメモして自宅の机などの人目に触れない場所に保管して
          ください。また、インターネットバンキングでは、都度異なるパスワード
          を発行・利用するワンタイムパスワードの利用がお勧めです。
        ⑤銀行口座やカード利用明細票を定期的に確認する。銀行などのアクセス利用
         履歴もチェックする。
          インターネットバンキングやクレジットカードのネットサービスは、1週
          間に1回くらいは利用明細をチェックしてください。不正送金や不正利用
          がないかが確認できます。また「前回のアクセス日時」も確認して、覚え
          のないアクセスがないか確認しておいてください。

    ↑ページの最初へ


          <-- 前の項目(5.ウイルス被害)へ
                  次の項目(7.携帯電話・スマートフォン)へ -->

 



       リンク集                                       個人情報保護について
Copyright (C) 2012 riis All Rights Reserved.