サイパト



 

   今回は『ノートンセーフティーマインダー』について検証してみました。

  1.ノートンセーフティーマインダーとは

    このソフトについて発売元のシマンテック社は、以下の様な効果があると説明しています。
    スマートフォンやタブレット端末でのWEB閲覧監視、制限できるアプリです。シマンテック
   社提供のペアコントロールサービス『ノートンオンラインファミリー』のAndroid端末版で、
   子どもがアクセスしたサイトを保護者がチェックし不適切なサイトか否かの内容を確認し、不
   適切であればサイトをブロックできます。利用時間の制限をする事も可能です。(監視する側
   はPCの場合のみ可能)

    実際に管理する場合、保護者は管理用としてPCもしくはAndroid端末が必要です。
    料金は無料です。

  2.実際にインストールしてみましょう。

    先ず、『ノートン セーフティーマインダー』アプリをインストールします。

    スマートフォンのメニューの中のPlayストアよりアプリをダウンロードします。
    Playストアとは、様々なアプリが登録されており、その中から必要となるアプリを選んで
   インストールできるサービスです。TOPページのマークをクリックして、検索したいアプ
   リ名(セーフティーマインダー)を入力します。検索結果が表示されるので、『ノートンセー
   フティーマインダー』を選択し、ダウンロードをして、インストールを開始します。

    インストール終了後、ユーザー登録をします。

  3.検証してみましょう。

    『ノートンセーフティーマインダー』はWebの閲覧監視をしたいと思う端末にアプリをイン
   ストールして、保護者のPCやアンドロイド端末にモバイル監視用のアプリケーション『ノー
   トンオンライファミリー』をインストールして、子どもが使用しているアンドロイド端末を
   監視します。

    次に、Web閲覧を監視する端末名と使用者名を登録します。アドレスより関連付けしてWeb
   閲覧を監視する端末の登録ができます。

    Web監視や制限等は、全て保護者の監視用のアプリで行います。


    では実際フィルタリング設定をしてみましょう。

    まずは、保護者が閲覧監視に使用するPC等で、オンラインファミ
   リーにログインします。
    ログインするには、最初に設定したID,パスワードが必要です。


     

    Web監視の初期設定では、監視のみという設定になっています。
    実際にには
      ・Web監視のみ
      ・サイトを遮断する
      ・警告を表示するが、サイトの参照は許可する
    上記の三つのうちのどれに設定するか決めて、選択します。

     

    子どもがWebを閲覧すると、保護者の監視用PCにでこの様に表示され、子どもが何を閲覧し
   たかを確認する事ができます。

     
    遮断したいカテゴリに一つずつチェックを入れる方法と簡易設定という方法があります。

    簡易設定は年齢別にグルーブがあり、グループ毎に設定される内容が違います。


 WEBサイトカテゴリ  就学前  小学生
8歳~11
小中学生
12歳~14
中高生
15歳以上
WEBプロキシ

WEBメール

   
オンラインチャット

   
カルト

ゲーム        
コンピュータハッキング

スポーツ        
ソーシャルネットワーク

ディスカッションと
   オンライン会話

ニュース        
ビジネス        
ファイル共有

ポルノ

一般        
下着

 
中絶

仕事探し        
健康        
出会い系

参考/教育        
喫煙

娯楽と音楽        
子供        
宗教

差別

広告        
性教育

   
性的志向

   
成人向け

技術        
政府        
政治        
旅行        
暴力

未分類

 
検索        
武器

法律        
犯罪

   
自動車        
自殺

芸術        
薬物

買い物

     
賭博

軍事        
飲酒


     


  4.まとめ

    今まで、フィルタリングを色々と検証してきましたが、ノートンセーフティーマンイダーと
   ノートンオンラインファミリーはとても実用的なアプリだと思います。
    まず、子どもが使用する端末の設定は、Web監視するアプリ「ノートンセーフティーマインダ
   ー」をインストールして、初期設定をするだけで、後は保護者が監視に使うPCなどからの操
   作となります。

    子どもの端末には、保護者と相談してきめたルールが表示され、変更があった場合にはその
   ルールが変更された事が表示されます。保護者は子どもがどんなサイトにアクセスしているか
   をリアルタイムで監視する事ができ、何を閲覧したのかが表示される為、閲覧サイトの内容を
   確認でき、その場で不適切なサイトを遮断する事ができます。

    いままでフィルタリングアプリは、子どもが使用している端末を使用して、保護者がサイト
   を許可したり、遮断する設定を行っていましが、保護者のWeb監視用PC等を使用して、許可、
   遮断する事ができるので、子どもにとってはいちいち保護者にケータイ,モバイル端末を渡し
   て設定してもらわなくてもよくなり、保護者にとっても、設定の都度、子どもの端末を使用す
   るという手間も省けます。

    保護者が、Web監視をしていて不適切だと思えば一時措置としてそのWeb閲覧を遮断できる、
   許可をするのも簡単にできるという点、もちろん子どもと保護者とでルールを決めてから設定
   しないと、保護者が勝手に設定を行ってしまうと問題があると思います。一時措置として遮断
   したサイトに関しては子どもと話し合い、必要であれば再度許可するという事もできるので、
   子どもと話し合う機会がふえるのではないでしょうか?
    私が調査してきたアプリの中では、このアプリは親として子どものフィルタリング管理を行
   うとした場合、現実的だと感じました。

    ただ、少し残念な点があります。

    時間帯制限という機能があるのですが、子どもがPCを使用する際にだけしか使用できなくて
   アンドロイド端末の監視には、使用できないという事です。時間帯制限というのは、子どもに
   Webを閲覧させない時間を設定できる機能です。
    「アンドロイド端末を子どもが自室で夜間使用している使用状況を見たい」という保護者が
   多いのではないでしょうか?
    もちろん、子どもが自室で何を閲覧しているのかを監視はできるのですが、ずっと監視しつ
   づけるというのは不可能な事で、使用する時間帯のルールを決めて、時間がきたらWeb閲覧を
   遮断する事ができれば、保護者が監視しにくい夜間でも、少しは安心できるのではないでしょ
   うか??

    今後、時間帯制限がPCだけの機能ではなく、アンドロイド端末にも使用できる様になれば良
   いのにと感じました。その点が改善されると、より使い易くなるのではないでしょうか?
    今後改善されることを期待します。




Copyright (C) 2012 riis All Rights Reserved.