サイパト


知恵袋

目 次

  1. フィルタリングって、知ってますか?
  2. フィルタリングの有効活用について
  3. 実際におきているトラブル
  4. トラブルの事例紹介
  5. アダルトサイトの高額請求
  6. 自殺サイトで実際に起こった事件
  7. こどものネットのせかい
  8. おとなもこども要注意!
  9. メールの送受信
  10. SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)利用上の注意点
  11. Wi-Fi(無線LAN)利用上の注意
  12. 設定をチェック
            免責事項
             ・当サイト内掲載の情報については、適切な情報の記述を期しておりますが、事例の対応方法は
              一例を示すものであり、具体的に必要な対応は個々により異なります。また、利用者が本ペー
              ジの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。
             ・当サイトに掲載されている情報は、予告なく変更・削除されることがあります。


         

ネットで、最も多く使われている機能が、「メール」ではないでしょうか。

とても役立つ機能ですが、多量の広告メールやコンピュータウイルスの拡散、チェーンメール、情報漏えいなど、困る事も多い機能です。

被害を受けない、加害しないようにするためのポイントを載せておきます。

 

メールセキュリティの基本

1 プロバイダ(ネット接続業者)・携帯電話会社のメール対策・フィルタリングソフトを利用する。

2 最新のウイルス対策ソフト、メールフィルターを使用する。

3 メールを暗号化する。

4 メール作成時に、あて先を最初に入力する。(誤送信による情報漏えい防止)

送信時に注意する事

メール送信

受信時に注意する事

受信メール

Webメールの使い方

サーバー側にすべてのデータを置く仕組みであるため、デジタル署名や暗号化など保護の仕組みを組み込むことが難しくなるので、

  1. SSLで保護されたWebサイトで運用されているWebメールを使う。
  2. 重要なメールはクライアントに転送するなどしてサーバーには残さない
  3. WebブラウザにWebメールにアクセスしたキャッシュが残ることにより、盗み見などが容易となるので、使い終わったらキャッシュをクリアする

その他の注意点

  1. 「メールを送ったのにすぐに返信が来ない」事にイライラしないようにしましょう。(メール依存症)
    急ぐ用事の時は、電話を利用しましょう。
  2. いたずらでメールを送ると思わぬ事態に発展し、友達・人間関係がこわれる場合があります。
  3. メール内容は、送る相手の気持ちになって書きましょう。知らぬ間に相手を傷つける事があります。
  4. チェーンメールを呼びかけたり、伝達しないようにしましょう。
  5. 誹謗中傷・脅迫・特定商取引に関する法律 ・特定電子メールの送信の適正化等に関する法律など法律で禁止されている事をメールで発信すると罰せられる事があります。


  


       前の項目(8.おとなもこどもも要注意)

 

       リンク集                                       個人情報保護について
Copyright (C) 2012 riis All Rights Reserved.